土地価格動向DIを初公開。現状は上昇基調も、3ヵ月後はやや下落予想

 (公社)全国宅地建物取引業協会連合会の不動産総合研究所は25日、「不動産価格と不動産取引に関する調査報告書」を、初めて公表した。  調査は4月時点。3ヵ月前と比較した現状と、現状と3ヵ月後の見通しの不動産価格・取引の動向を調査、結果を指数(DI)化した。DIは0が3ヵ月前と同水準となる。  土地価格の動向について、3ヵ月前と比較した現状のDIは全国平均で4.9(2016年1月比1.1ポイント上昇)。回答を詳細にみると、「横ばい」が64.5%で最多を占めており、「大きく上昇」が2.3%、「やや上昇している」が19.5%と2割超が上昇と回答している。  地区別のDIでは、関東が8.6(同4.5ポイント上昇)、中部が9.3(同11.9ポイント上昇)、九州が12.1(同8.7ポイント低下)、近畿が1.4(同6.9ポイント低下)。北海道・東北と中国・四国はマイナスとなった。  現状と3ヵ月後の見通しを比較したDIは、全国平均でマイナス2.5と下落予測となった。現状のDIが大きなプラスだった関東で見通しDIが0.0になったのに加え、中部でもマイナス2.3と現状からの一服感を予測する回答が多かった。九州の見通しDIは6.9とプラス基調が継続するという見方だった。  物件種別の取引価格DIは、中古戸建住宅は全国平均で現状マイナス5.6、見通しマイナス7.6。中古マンションは現状マイナス3.3、見通しマイナス6.8。新築戸建住宅は、現状マイナス6.4、見通しマイナス10.4。新築マンションは現状6.5、見通しマイナス1.7。

(公社)全国宅地建物取引業協会連合会

 

 

クリエイト大阪では大阪市内をはじめ、大阪府下(箕面市、池田市、高槻市、茨木市、吹田市など)兵庫県(尼崎市、西宮市、宝塚市、芦屋市、伊丹市など)高額買取実施中です。

不動産売買でお悩みでしたら是非一度ご相談下さい。

  • クリエイト大阪が「高価買取」できる理由とは
  • その日のうちに売却をしたい方
  • 他社で売れずにお困りの方
  • 相続物件を売却したい方
  • 住まいの税金のことなら
  • 不動産用語集

お問い合せはこちら

06-6456-0088
FAX : 06-6456-0111
営業時間 / 9:00~21:00 年中無休