他社で売れずにお困りの方

不動産の売却方法としては、仲介業者に依頼をする方法があります。
では、なぜ、仲介業者に依頼をしているのに、貴方様のご所有不動産が成約に至らないのか・・。

仲介業者の場合、3ヶ月という媒介契約の期間内で、お預かりした不動産の売却活動を行います。当然、成約に至ることが出来なければ、仲介手数料(報酬)を頂くことが出来ませんので、一生懸命売却活動をされていらっしゃると思います。

では、なぜいつになっても成約に至ることができないのか、

原因① 相場よりも高値で売り出している

査定の際に、複数社からの査定を受けている売主様から媒介契約を結びたい為に、他社よりも高値で査定額を提示してしまったことによって、相場価格よりも高い価格で売却せざる負えなくなったことから、寄り付きが減少し、ずるずると期間が伸び、売れ残ってしまうケースがあります。

相場価格で弊社が直接買取ります。最短当日決済可能です。

原因② 物件の価格が安い

仲介業者の仲介手数料は、(物件価格×3%+6万円×消費税)が報酬額となります。
当然、その報酬額を見込んで、チラシ広告やインターネット掲載費用等の売却活動経費をまかないます。
よって、物件価格が
1,000万円の場合では約36万円の手数料に対しての、売却活動経費
3,000万円の場合では約100万円の手数料に対しての、売却活動経費
となりますので、必然的に高額物件の方が、売却活動経費を使える傾向にあります。
逆に、物件価格が安い物件は、限られた経費の中からとなりますので、広く多くの方に物件を紹介出来ない傾向があります。

物件は複数ありますので、販売活動経費を圧縮できます。

原因③ 居住中

居住中で売却する際、お部屋の内覧時に売主様立会のもと行います。その結果、買主様は、遠慮しながら内見に入りますので、時間をかけて室内の状況や設備を見学することが出来ない為、なかなか決断に至らないケースが見受けられます。

弊社の担当者が内見するだけです。室内案内不要。

④ 室内の老朽化・お部屋の荷物が残ったまま

お部屋の使用状況や設備の状況によっては、入居前に改装が必要となるケースがあります。物件は気に入られても改装費がかかることで、予算と合わず諦めてしまうケースがあります。また、室内に荷物があれば、買主様にとって、入居後のイメージがつきにくいことや中古物件ということを強く感じてしまい、決断に至らない傾向があります。

現状で取引いたします。

是非、この機会に一度ご相談下さい。

  • クリエイト大阪が「高価買取」できる理由とは
  • その日のうちに売却をしたい方
  • 他社で売れずにお困りの方
  • 相続物件を売却したい方
  • 住まいの税金のことなら
  • 不動産用語集

お問い合せはこちら

06-6456-0088
FAX : 06-6456-0111
営業時間 / 9:00~21:00 年中無休