泉北ニュータウンのリノベーションの提案競技、優秀作品が選定! 大阪府住宅供給公社

 大阪府住宅供給公社は12日、「泉北ニュータウン」(堺市南区)の「茶山台団地」(総戸数987戸)において実施している「堺市と公社の連携による住戸リノベーションモデル事業」(公募型プロポーザル方式)の提案競技の最優秀作品を選定した。

 同団地は、まちびらきから約50年が経過し、少子高齢化と人口減少が著しく進行しており、2015年1月の「泉ヶ丘駅前地域活性化ビジョン」の改訂を受けて、“子育て”“健幸”“創造”をテーマに活性化に向けた取り組みを行なってきた。
 同公社では、同ビジョンの取り組み対象エリアに位置する「茶山台団地」をリーディングプロジェクト団地として位置づけ、団地全体の総合的なマネジメントのもと、建築とランドスケープによる活性化ビジョンのテーマに沿ったさまざまな取り組みを進めていくこととしている。

 今回の提案競技は、若年世帯や子育て世帯などの若年層を本地域に誘引することを目的に実施したもので、昨年に引き続き2回目となる。
 募集のテーマは昨年度好評だった「子育て世帯向け2戸1化リノベーション」とし、民間事業者からノウハウを生かした提案を募集した。

 選定の結果、「KYOINADA」((株)イナダと京智健建築設計事務所一級建築士事務所の共同企業体)が最優秀作品提案者となった。
 活性化ビジョンのテーマを住戸計画のコンセプトに取り込み、子育て世帯が「家族間から地域への交流・つながりを生み出すこと」を目的とした提案であったことや、平面プランはシンプルなものの、室内の使い方のバリエーションが豊富であり、多様な暮らし方がイメージできること、日の字型の特徴的な住戸プランや効果的な土間の配置、段差を巧みに使った外部とのコミュニケーションや収納スペースのあり方など新しいライフスタイルの提案だったことなどが選定理由となった。

 さらに今年度は「ふたつのリビングを持つ贅沢な家」(堺市との連携事業)と「快適子育て空間プラン」(公社単独事業)を実施する予定。
 9月下旬より工事を開始し、12月下旬に完成する計画。

大阪府住宅供給公社

  • クリエイト大阪が「高価買取」できる理由とは
  • その日のうちに売却をしたい方
  • 他社で売れずにお困りの方
  • 相続物件を売却したい方
  • 住まいの税金のことなら
  • 不動産用語集

お問い合せはこちら

06-6456-0088
FAX : 06-6456-0111
営業時間 / 9:00~21:00 年中無休