10月より「性能向上リフォーム」に「フラット35リノベ」開始:住宅金融支援機構

 (独)住宅金融支援機構は、中古住宅・リフォーム市場の活性化、優良な住宅ストックの拡大を目的に、省エネルギー性能や耐震性能を向上させるリフォームを行なった中古住宅を対象にした「フラット35リノベ」を、10月1日申込受付分から開始する。

 適用を受けるには、機構が定めた「省エネルギー性」「耐震性」「バリアフリー性」「耐久性・可変性」に係る技術基準のうち一つ以上を満たす必要があります。

インスペクションの実施、瑕疵保険の付与、住宅履歴情報の保存、維持保全計画の作成のいずれかを実施することが必要となる。

 認定低炭素住宅レベルの省エネルギー性能や耐震等級や高齢者等配慮対策等級で最高等級、長期優良住宅などいずれかを満たすなどした高い性能向上レベルの改修が施された住宅は、10年間にわたり一般の「フラット35」の金利から0.6%引き下げた金利が適用されます。

 また、断熱性能等級4、耐震等級2以上などいずれか一つの性能向上を図った住宅でも、5年間にわたり0.6%の金利引き下げが適用されます。

(独)住宅金融支援機構

  • クリエイト大阪が「高価買取」できる理由とは
  • その日のうちに売却をしたい方
  • 他社で売れずにお困りの方
  • 相続物件を売却したい方
  • 住まいの税金のことなら
  • 不動産用語集

お問い合せはこちら

06-6456-0088
FAX : 06-6456-0111
営業時間 / 9:00~21:00 年中無休