新設住宅着工5ヵ月連続で増加

国土交通省は12月27日建築着工統計調査により、新設住宅着工5ヵ月連続で増加したと発表した。


同調査によると、2016年11月の建築着工統計では前年同月比に比べて6.7%増の8万5051戸で5ヵ月連続で増加となり、また新設住宅着工床面積も、前年同月比に比べて2.9%増の679万5,000平方メートルで5ヵ月連続の増加となった。

 一方、分譲住宅では3カ月ぶりに前年実績を下回り8,263戸と、前年同月比に比べて6.9%減少。

 

金融機関の低金利の長期化を背景に、住宅関連への貸し出しが増え、相続税対策の一環として貸家を建てる動きが続いたと見られる。

 

【国土交通省】

  • クリエイト大阪が「高価買取」できる理由とは
  • その日のうちに売却をしたい方
  • 他社で売れずにお困りの方
  • 相続物件を売却したい方
  • 住まいの税金のことなら
  • 不動産用語集

お問い合せはこちら

06-6456-0088
FAX : 06-6456-0111
営業時間 / 9:00~21:00 年中無休