既存住宅の流通促進

国土交通省は23日、2回目となる「流通促進に寄与する既存住宅の情報提供制度検討会」(座長:深尾精一氏・首都大学東京名誉教授)を開いた。従来の「中古住宅」に対する「不安」、「汚い」、「わからない」というイメージを変え、消費者が「住みたい」、「買いたい」と思う、『新しいイメージの既存住宅』を市場に供給する基本的な考えを示した。

今までの「中古住宅」である「品質が不安、不具合があるかも」「古い、汚い」「選ぶための情報が少ない、わからない」から、」『新しいイメージの既存住宅』は「品質が良く、安心して購入できる」「既存住宅だけどきれい、既存住宅ならではの良さがある」「選ぶ時に必要な情報が十分に提供され、納得して購入できる」への変更イメージだ。


 同省に「新しい既存住宅」を供給する事業者団体を登録。新しい既存住宅は、新耐震基準に適合していることを基本とし、インスペクションを実施しその情報を開示。構造上の不具合や雨漏りがあった場合は改修を完了し、シロアリ被害、設備の不具合、省エネ性能などは検査結果等の情報開示を行なう。共同住宅の場合は、共用部の管理に関する情報も開示する。また、既存住宅売買瑕疵保険もしくは同等の自社保証の付保も条件とする。

 設備機器の交換や内装のリフォーム等については、事業者団体ごとにルールを定め、その基準に適合していることを条件とする。水回りや内外装については写真を開示する。

 事業者団体は、加盟する事業者が商標を付与する際のルール審査、事業者への研修・指導、商標を付与した住宅の台帳管理、消費者からの苦情相談などを行なう。団体事務局が戸別に商標を付与するのではなく、ルールに基づいて事業者が使用する。同省は、事業者団体の指導・勧告等に加え、販売状況報告やユーザーのモニタリング調査結果などを受けた要件見直しなどを定期的に実施する。

 国土交通省は、2月28日の次回会合で、名称・商標案と制度案を示し、年度内の制度スタートを目指している。なお、同省による事業者団体の選定や、事業者団体内のルール作り等を経て、実際の制度運用開始までは、17年度一杯かかる見通し。

<国土交通省>

  • クリエイト大阪が「高価買取」できる理由とは
  • その日のうちに売却をしたい方
  • 他社で売れずにお困りの方
  • 相続物件を売却したい方
  • 住まいの税金のことなら
  • 不動産用語集

お問い合せはこちら

06-6456-0088
FAX : 06-6456-0111
営業時間 / 9:00~21:00 年中無休