違法民泊対策で罰則強化。改正旅館業法が閣議決定

旅館業法の一部を改正する法律案が、7日閣議決定した。

違法民泊の増加に対応するため、無許可営業者等に対する罰則規定を強化。無許可営業者に対する罰金の上限を3万円から100万円に、その他旅館業法違反の罰金上限を2万円から50万円に引き上げる。また、都道府県知事等に、無許可営業者への立ち入り検査等や報告徴収の権限を与える。

一方で、これまでホテルと旅館とに分かれていた営業種別を、旅館・ホテル営業に統合し規制緩和を図る.政府

  • クリエイト大阪が「高価買取」できる理由とは
  • その日のうちに売却をしたい方
  • 他社で売れずにお困りの方
  • 相続物件を売却したい方
  • 住まいの税金のことなら
  • 不動産用語集

お問い合せはこちら

06-6456-0088
FAX : 06-6456-0111
営業時間 / 9:00~21:00 年中無休