長期固定金利型ローン変更点

住宅金融支援機構は、「【フラット35】の主な制度変更事項のお知らせ2017年4月」を発表しました。

 

「フラット35S」と「フラット35リノベ」は継続実施

「フラット35」は、住宅金融支援機構が民間金融機関と提携して提供する長期固定金利型の住宅ローンであり、

資金の受け取り時から返済完了時まで、金利が固定されるのが最大の特徴であるそうです。

 

一定の性能基準を満たす住宅を取得する場合、「フラット35①」と「フラット35リノベ②」の当初金利が

一定期間③引き下げられる制度を利用できるが、この制度の平成29年度での継続実施が決まったそうです。

ただし、「フラット35S」については、平成29年10月1日の申込受付分から金利引き下げ幅が0.3%から0.25%に

変更されたそうです。

① 省エネルギー性や耐震性等、質の高い住宅を取得する場合に、借入金利を一定期間引き下げる制度


② 既存(中古)住宅を購入して性能向上リフォームを行う場合や、住宅事業者により性能向上リフォームが

  行われた既存(中古)住宅を購入する場合に、借入金利を一定期間引き下げる制度


③ 金利Aプラン(長期優良住宅等の特に性能が優れた住宅の場合)は当初10年間、金利Bプラン

 (性能が一定以上優れ  た住宅の場合)は当初5年間

不動産トピックスHP(http://www.fudousan.or.jp/topics/1704/04_3.html)より引用

  • クリエイト大阪が「高価買取」できる理由とは
  • その日のうちに売却をしたい方
  • 他社で売れずにお困りの方
  • 相続物件を売却したい方
  • 住まいの税金のことなら
  • 不動産用語集

お問い合せはこちら

06-6456-0088
FAX : 06-6456-0111
営業時間 / 9:00~21:00 年中無休