ハザードマップポータルサイトを改良の発表について。

国土交通省は6日、ハザードマップポータルサイトを改良し発表しました。
気候変動などの影響により土砂災害や水害の頻発火や激甚化で日本市民の不安な声が多く、
国が立ち上がり、逃げ遅れをなくすために改良されました。

≪ハザードマップとは≫
「ハザード(hazard)」は「危険・災害」という意味の英語で、
日本語になおすと自然災害の被害などの予測や避難情報を表示した地図などの災害予測図になります。
災害の種類に応じて、洪水、津波、火山、土砂災害などのハザードマップが公表がされています。

緊急時に誰もが一目で見てすぐに分かるデザイン、迅速に対応できるマニュアルがあれば安心ですね。

国土交通省HP-http://www.gsi.go.jp/bousaichiri/bousaichiri61010.html-より引用

  • クリエイト大阪が「高価買取」できる理由とは
  • その日のうちに売却をしたい方
  • 他社で売れずにお困りの方
  • 相続物件を売却したい方
  • 住まいの税金のことなら
  • 不動産用語集

お問い合せはこちら

06-6456-0088
FAX : 06-6456-0111
営業時間 / 9:00~21:00 年中無休