建築物省エネ法

国土交通省は、「建築物省エネ法フォローアップ説明会」を7月3日から開催するそうです。

4月より「建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律(建築物省エネ法)」の規制措置が施行され、建築主は、一定規模以上の建築物を新築・増改築する際に省エネ基準への適合義務や省エネ計画の届け出義務への対応が必要となりました。そこで適合性判定や届出を行なう申請者等を対象に「適判・届出」と「設計・監理」に分けて説明会を開催するそうです。

 「適判・届出」については、7月3日~8月31日まで全国主要都市14ヵ所で全25回開催。建築物省エネ法の概要、適合性判定、届出、モデル建物法の入力方法等について説明とのこと。「設計・監理」については、7月24日~8月31日まで、全国主要都市10ヵ所全10回。設計図書の記載方法、工事監理マニュアルなどについて説明。いずれも参加費用は無料とのこと。

 

 

国土交通省HP-http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/jutakukentiku_house_tk4_000103.html-より引用

  • クリエイト大阪が「高価買取」できる理由とは
  • その日のうちに売却をしたい方
  • 他社で売れずにお困りの方
  • 相続物件を売却したい方
  • 住まいの税金のことなら
  • 不動産用語集

お問い合せはこちら

06-6456-0088
FAX : 06-6456-0111
営業時間 / 9:00~21:00 年中無休