未来投資戦略閣議決定について

政府は9日、「未来投資戦略2017‐Society5.0の実現に向けた改革」を閣議決定されました。

今回の取り組みはさまざまな社会課題を解決するのが目的とされており、
第4次産業革命のイノベーションを産業や社会生活に取り入れ
社会課題を解決するSociety5.0の実現化をめざしているそうです。

≪Society5.0≫
・健康寿命の延伸や移動革命の実現
・サプライチェーンの次世代化
・快適なインフラ
・まちづくり
・FinTech
といった戦略分野に集中投資するべきだとして、その具体的な方策等を示しています。

2020年までに市場規模倍増を目標に掲げ
既存住宅流通/リフォーム市場を中心とした住宅市場活性化/質の高いストックへの更新
良質な既存住宅が適正に評価される仕組みや安心して取引できる市場環境整備などを総合的に進める予定です。

所有者情報を活用した空き家利活用の仕組み構築は、
財産管理制度の円滑な活用方法のとりまとめを年度中に実施する予定で、
若年・子育て世帯が安心して空き家などの民間賃貸住宅に入居できるように、
家賃債務保証事業者の登録制度を秋頃めどに創設するそうです。

老朽化マンション再生に向けては、敷地売却を活用した団地型マンションの再生の仕組みも年度内に構築する。
また、古民家の商業利用や空き家の保育所等への転用に向けた建築規制合理化も行なう方針です。

 

日本経済再生本部HP-http://www.kantei.go.jp/jp/singi/keizaisaisei/-より引用

  • クリエイト大阪が「高価買取」できる理由とは
  • その日のうちに売却をしたい方
  • 他社で売れずにお困りの方
  • 相続物件を売却したい方
  • 住まいの税金のことなら
  • 不動産用語集

お問い合せはこちら

06-6456-0088
FAX : 06-6456-0111
営業時間 / 9:00~21:00 年中無休