国交省がビジネスモデル検討「中山間地域で自動運転を活用」

国土交通省は、中山間地域における「道の駅」を拠点とした自動運転サービスで、貨客混載や観光など地域特性を踏まえたビジネスモデルを検討するための検討会を設立するそうです。

中山間地域での高齢化が進行しており、日常生活における人流・物流の確保が緊急の課題となっています。

「道の駅」は約8割が中山間地域に設置されており、物販をはじめ、診療所や行政窓口など、生活に必要なサービスも集積しつつあるそうです。

国土交通省では、「道の駅」など地域の拠点を核として人流・物流を確保するため、

「道の駅」を拠点とした自動運転サービスの2020年までの社会実装を目指し、今年夏から順次、全国で実証実験を行う予定だそうです。

今回、これらの実験データを活用しながら、「中山間地域における道の駅等を拠点とした自動運転ビジネスモデル検討会」を設立するそうです。1回目の検討会では、中山間地域と道の駅の現状についてや、実証実験の計画が議論されるそうです。

 

詳細は国土交通省HP( – http://www.mlit.go.jp/report/press/road01_hh_000838.html – )にて

  • クリエイト大阪が「高価買取」できる理由とは
  • その日のうちに売却をしたい方
  • 他社で売れずにお困りの方
  • 相続物件を売却したい方
  • 住まいの税金のことなら
  • 不動産用語集

お問い合せはこちら

06-6456-0088
FAX : 06-6456-0111
営業時間 / 9:00~21:00 年中無休