平成17年度宅建試験、受験者数、増加へ

 不動産適正取引推進機構は

七月末で申し込み受け付けを終了した

「平成29年度宅地建物取引士資格試験」の受験状況を発表したそうです。

 

 宅地建物取引士になるためには

宅建業法で定める宅地建物取引士資格試験に合格しなければなりません。

 

 

 宅建士の資格は

「宅地建物取引業を営もうとする者は

その事務所その他国土交通省令で定める場所ごとに、

事務所等の規模、業務内容等を考慮して、

国土交通省令で定める数の成年者である

専任の宅地建物取引士を置かなければならない」

という不動産業界で必要とされる

大変人気がある国家資格です。

 

 

同試験への申し込み受付数は、前年度比5.2%増加となったそうです。

 

なお、同試験は10月15日に全国各地で開催され、合格発表は11月29日のようです。

 

詳細は「一般財団法人 不動産適正取引推進機構」HP

http://www.retio.or.jp/

をご覧ください。

  • クリエイト大阪が「高価買取」できる理由とは
  • その日のうちに売却をしたい方
  • 他社で売れずにお困りの方
  • 相続物件を売却したい方
  • 住まいの税金のことなら
  • 不動産用語集

お問い合せはこちら

06-6456-0088
FAX : 06-6456-0111
営業時間 / 9:00~21:00 年中無休