車いすのための「通れたマップ」実証実験のための協力主体を公募

 国土交通省は、ブローブ情報を活用した「通れたマップ」実証実験への協力主体を公募するそうです。

 

 同省は、ユニバーサル社会の構築に向けての一環として

車いすの方が通行できるバリアフリールートを

スマートフォンを通じてナビゲーションするなど

歩行者移動支援サービスの普及展開を目指し、

バリアフリー・ナビプロジェクトを推進してるそうです。

 

 サービス実現に必要なデータを収集する手法の一つとして、

ブローブ情報(GPSを搭載したスマートフォンなどの携帯情報端末から一定時間間隔で取得した位置情報をつなげた移動情報のこと)を収集し、

地図上に可視化した

「通れたマップ」の作成について実証実験を行うこととし、

本検討に必要となるデータ取集ツールを利用させて頂ける協力主体を

公募することにしたそうです。

 

公募期間は8月25日まで。

9月揚順に協力主体を選定し、9~12月に実証実験を実施する予定だそうです。

 

詳細は国土交通省HP – http://www.mlit.go.jp/ – をご覧ください。

  • クリエイト大阪が「高価買取」できる理由とは
  • その日のうちに売却をしたい方
  • 他社で売れずにお困りの方
  • 相続物件を売却したい方
  • 住まいの税金のことなら
  • 不動産用語集

お問い合せはこちら

06-6456-0088
FAX : 06-6456-0111
営業時間 / 9:00~21:00 年中無休