都市のスポンジ化対応のまとめ

国土交通省は、今月10日、「都市のスポンジ化」への対応方策をとりまとめ、

公表しました。

 

 スポンジの穴のように人口が都市に散在し、なお増加を続ける低未利用地が、

都市計画のコンパクトシティ政策を進めていく上で支障があるということから、

その対策を講じたものだそうです。
また、2月に発足した社会資本整備審議会「都市計画基本問題小委員会」において

議論を重ねてきたものが、今回とりまとめられました。

 

 現在、発生したスポンジ化への対策としては、

「土地等の媒介や所有と利用の分離を通じた空き地等の利活用」や

「土地・建物の利用放棄等への行政の関与・働きかけの手法の導入」などを提示し、

スポンジ化の発生に備えた予防策では、「契約的手法の導入」と

「まちづくりを主体的に担うコミュニティ活動を推進する仕組みづくり」などの

必要性を示しているということ。
また、エリア単位での価値向上・需要創造を図る取り組みを促進するための制度のほか、

現行の開発コントロールを基調とする都市計画制度を、都市の「管理(マネジメント)」にまで

射程を広げるための制度改正なども提言しているそうです。

 

 今後は、とりまとめの内容を踏まえて、次期通常国会での制度化や、

平成30年度予算概算要求や、税制改正要望などへの反映を目指す方向だそうです。

 

国土交通省HP – http://www.mlit.go.jp/report/press/toshi07_hh_000114.html– から引用。

 

  • クリエイト大阪が「高価買取」できる理由とは
  • その日のうちに売却をしたい方
  • 他社で売れずにお困りの方
  • 相続物件を売却したい方
  • 住まいの税金のことなら
  • 不動産用語集

お問い合せはこちら

06-6456-0088
FAX : 06-6456-0111
営業時間 / 9:00~21:00 年中無休