民泊新法に備え、別荘地管理組合が制度導入承認

 

 ホテル・別荘地等の運営・管理を手掛ける株式会社エンゼル那須白河は17日、
同社が管理する「別荘地の管理組合が貸別荘制度導入」を可決したと発表しました。
 国内別荘地では初の試みとなります。

 

 同別荘地は、オーナーズフォレスト白河別荘地羽鳥湖高原に位置し、東京建物グループが開発・運営してきた「羽鳥湖高原レジーナの森別荘地」を2010年、同社が取得したものだそうです。
 JR東北新幹線「新白河」駅より車で約30分に位置しており、開発面積は43万2,657.85平方メートル、総区画数は361だそうです。

 

 同管理組合は、
「民泊新法施行に伴い、受け入れ側の体制が整わないままに民泊等貸別荘利用者が増加した場合、環境面、セキュリティ面において別荘地全体のリスクとなり得る」とし、

管理会社による一元管理で適正な別荘地運営をしてもらうことが、

利用者にとっても別荘所有者にとっても理想形であると判断したそうです。

  • クリエイト大阪が「高価買取」できる理由とは
  • その日のうちに売却をしたい方
  • 他社で売れずにお困りの方
  • 相続物件を売却したい方
  • 住まいの税金のことなら
  • 不動産用語集

お問い合せはこちら

06-6456-0088
FAX : 06-6456-0111
営業時間 / 9:00~21:00 年中無休