7月の新設住宅着工、分譲マンションが2ヵ月連続増

国土交通省は31日、
2017年7月の建築着工統計を発表したそうです。


 同月の新設住宅着工戸数は8万3,234戸(前年同月比2.3%減)、
新設住宅着工床面積は669万7,000平方メートル(同3.2%減)と、
いずれも先月の増加から再び減少に転じました。
 季節調整済年率換算値も97万4,000戸と再び減少しました。

 利用関係別では、持家が2万5,370戸(同5.7%減)で2ヵ月連続の減少となりました。
貸家も3万6,365戸(同3.7%減)で2ヵ月連続の減少となった。

 分譲住宅は2万1,037戸(同5.7%増)で2ヵ月連続の増加だそうです。
また、分譲住宅のうち、マンションは9,059戸(同15.2%増)と2ヵ月連続の増加、
一戸建住宅は1万1,708戸(同1.3%減)で21ヵ月ぶりの減少となったそうです。


詳細は国土交通省HP – http://www.mlit.go.jp/ – をご覧ください。

  • クリエイト大阪が「高価買取」できる理由とは
  • その日のうちに売却をしたい方
  • 他社で売れずにお困りの方
  • 相続物件を売却したい方
  • 住まいの税金のことなら
  • 不動産用語集

お問い合せはこちら

06-6456-0088
FAX : 06-6456-0111
営業時間 / 9:00~21:00 年中無休