大規模屋上緑化の増加

 国土交通省は31日、2016年の「全国屋上・壁面緑化施工実績調査」結果を発表しました。

 この調査は全国の造園建設会社や総合建設会社、屋上・壁面緑化関連資材メーカーなど509社を対象に郵送による調査をしたもので、264社から回答を得たそうです。


 2016年に施工された屋上緑化空間は、約27.6haで、東京ドーム(約4.7ha)の約6個分となった。
 2000年からの累計面積は、約471haとなった。
 1件当たりの施工面積は平均254平方メートルで、前年比で約3割(62平方メートル)増加したそう。
 2007年以降減少傾向だった1件当たりの施工面積と、1,000平方メートル以上の施工が増加傾向となっており、今後も大規模な屋上緑化が増えていくとまとめている。

 また、同年に施工された壁面緑化空間は約8.7haで、東京ドーム約2個分。
 2000年からの累計面積は、約86haとなった。

 詳しくは国土交通省HP – http://www.mlit.go.jp/ – をご覧下さい。

  • クリエイト大阪が「高価買取」できる理由とは
  • その日のうちに売却をしたい方
  • 他社で売れずにお困りの方
  • 相続物件を売却したい方
  • 住まいの税金のことなら
  • 不動産用語集

お問い合せはこちら

06-6456-0088
FAX : 06-6456-0111
営業時間 / 9:00~21:00 年中無休